トレードの上手な人

 

株の学校カブックスの二階堂です。

 

 

 

今週の相場はゴールデンウイークがありますので、

 

今日と明日だけの2営業日しかありませんね。

 

 

 

通常、大型連休の前は、リスクを抑えるためにも

 

売り注文がでやすいものなので、本日、

 

上がったとしても、火曜日は下がりやすい

 

と、想定しておくことが無難でしょう。

 

 

 

それと、大型連休の前に株式を持ちこしてしまうと、

 

意外と休暇中も気になってしまうものなので、

 

できれば、連休前に保有銘柄はすべて手仕舞って、

 

区切りを付けることも大切だと思います。

 

 

 

さて、本日は・・・

 

「理論やルールよりも大切なこと」

 

について、少しお話しさせてもらいます。

 

 

 

あなたは、株式投資の上手な人というと、

 

どんなイメージをされますか?

 

 

 

「1回の取引ごとに利益があげられる人」

 

 

 

「失敗がほとんどない人」

 

 

 

こんな風にイメージされますかね?

 

 

 

私も株式投資を始めた最初の頃は・・・

 

 

 

「トレードの上手な人は、取引するたび、

 

利益を出せる人なんだなぁ」

 

 

 

と、思っていました。

 

 

 

でも実際、

 

そうではなかったのです!

 

 

 

私自身、色々経験をしたり、

 

勉強することで気が付きましたが、

 

 

 

トレードするたび、毎回、利益を

 

だそうとするのはむしろ危険なことです。

 

 

 

「株価が上がると思って買ったのに

 

株価が下がってしまった」

 

 

 

「自分が買ったとたん、株価が下がった」

 

 

 

など、よく聞くのですが、

 

これはトレードの上手な人でも

 

起こることです。

 

 

 

ただ、トレードの上手な人は、

 

その後のとる「行動」が違います。

 

 

 

毎回、利益をだそうとする人は、

 

損失をそのままにしてしまい、その結果・・・

 

 

 

運よく株価が戻ることもありますが、

 

もっと損失が大きくなることもあります。

 

 

 

このようなことを続けていては、

 

いずれ、大きな含み損を抱えることになります。

 

 

 

 

 

一方、トレードの上手な人は、

 

損失のでている銘柄は早く手仕舞い、

 

これ以上、損失を出すことを防ぎます。

 

 

 

一回の取引で大きな損失を出しては

 

いけないことを知っているからです。

 

 

 

トレードの上手な人は、

 

長い目で見て利益を積み上げる

 

ようトレードしていきます。

 

 

 

これは、とても重要な考え方です。

 

 

 

そもそもトレードは途中参加や、

 

途中退場が自由にできます。

 

 

 

トレードをするたび、

 

利益をだそうとするのではなく、

 

勝率の高い時だけトレードを

 

すればいいのです!

 

 

 

そして、うまくいかなかったらすぐ撤退。

 

 

 

ただ、この繰り返しです。

 

 

 

勝率の高いトレードを続ける限り、

 

この繰り返しで、お金を増やすことができます。

 

 

 

トレードの理論やルールを学ぶことも大切ですが、

 

トレードに対する「正しい考え方」を

 

知ることの方が本当はもっと大切です。

 

 

 

今週は2営業日しかありませんし、

 

様子見で終わるかもしれませんが、

 

 

 

今週も焦らず慎重に行きましょうね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。