おすすめ投資本の紹介 その2

 

おはようございます。

 

カブックス名古屋校講師の竹重です。

 

 

4月も最終週となり、来週からは5月ですね。

 

5月に入るとすぐゴールデンウィークがやってきます。

 

皆さんもいろいろなご予定があるかと思いますが、私も今回は

 

久しぶりに地元大阪に帰って、羽を伸ばそうかなと考えています。

 

 

さて、ゴールデンウィークは祝日ということで(当たり前ですが……)、

 

日本の相場はストップします。

 

普段はお仕事で忙しい方も、少々時間がとれるよという方もいらっしゃるかと思います。

 

そこで本日は、おすすめ投資本の第二弾! をお送りしたいと思います。

 

 

今回ご紹介する本は、片山晃さんと小松原周さんという方の共著である、

 

「勝つ投資 負けない投資」です。

 

 

片山晃さんという方は、「五月」というハンドルネームで活躍する

 

個人投資家です。

 

オンラインゲームにハマりすぎて専門学校を中退後、

 

22歳のとき、わずか65万円から投資を開始。

 

7年半で投資資金を25億円! まで伸ばしたという異色の経歴の持ち主です。

 

日本の個人投資家の中でも、もっとも有名な一人といってもいいでしょう。

 

 

「勝つ投資 負けない投資」は、

 

そんな片山氏の投資経験の中から発見した「気づき」が凝縮している一冊です。

 

 

いくつか、感銘を受けた部分を抜き出していきたいと思います。

 

 

〇「個人投資家は機関投資家にはない強みがたくさんある」

 

個人投資家は機関投資家に比べて、資金が少なく、弱い存在だと思われています。

 

しかしながら、個人投資家だけが持つ強みというのもあります。

 

そのうちの一つが、「常に結果を求められるわけではない」ということです。

 

個人投資家は、自分が投資したいと思う銘柄が見つからないときには、

 

休憩することができます。

 

機関投資家は仕事で投資をしていますから、市場環境が悪くても

 

常に投資をしていなければなりません。

 

自分の得意な市場環境が来るまで、じっくり待つことができるのは、

 

個人投資家の大きな強みといえるでしょう。

 

 

 

〇「チャンスが来たら大きく勝負する」

 

大きく投資資金を増やすには、大胆にリスクをとることも時に重要です。

 

2~3倍となることが高い確率で見込まれる銘柄があっても、

 

全体資金の10%しか投入しなければ、

 

うまくいったとしても資産は1割しか増えません。

 

厳密な調査と分析に裏打ちされた割のいい勝負であれば、相応のリスク量をとるべきです。

 

 

 

そのほかにも、非常に参考になる考え方、アイデアや投資方法が

 

掲載されていますので、未読の方はぜひ読んでみてくださいね!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    電車男 (土曜日, 29 4月 2017 06:46)

    個人投資家の強みにすごく興味が湧きました。是非、購入して読みたいです。何時も参考になる話題ありがとうございます。

  • #2

    いっちゃん (日曜日, 30 4月 2017 06:44)

    是非、購読したいです。ありがとうございました!

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。