トレード日誌のススメ

こんにちは。

 

カブックス名古屋校講師の竹重です。

 

 

先日、授業の際に、

 

「トレードの履歴は記録したほうが良いでしょうか?」

 

というご質問がありました。

 

自分の売買記録をつけた方がいいですか? というご質問です。

 

これに関しては、明確に言えるのですが、

 

記録はつけた方がいいです!

 

本日のメルマガでは、トレード日誌の利点をご紹介したいと思います。

 

 

それは、「売買をしているときの感情を記録できる」ということです。

 

 

皆さんは、

 

・ロスカットになりそうだから、ついロスカット金額を変更し、余計損をした……

・てっとり早く儲けようと、ついルールよりも多く株を買ってしまった……

 

等の経験はありませんでしょうか?

 

 

株式投資は実際に金が上下するために、

 

普段と違った、感情的な行動をとってしまうことがあります。

 

欲や恐怖から、利益確定やロスカットのタイミングを間違えてしまったり、

 

大量に株を買ってしまったり、あるいは逆に買わなすぎたり、といったようなことです。

 

株を持っていないときの冷静な状態では、「ルールを守ろう」と思っていても、

 

株を持っているときには、感情に左右されてしまう……という場合もあるかと思います。

 

人それぞれ、どのような感情が出てくるかは変わりますので、

 

一口に「ルールを守ろう」としても、難しいこともあります。

 

 

そこで、トレード日誌の出番です。

 

売買した銘柄を記録するときに、もしルール違反をしてしまったなら、

 

「自分がどう思ったか」も併せて記録しておくのです。

 

ロスカット金額を変えてしまったり、株数を多くしすぎたのなら、

 

なぜそうしてしまったのかを、すぐに記載しましょう。

 

こうすることで、自分の感情的な弱点に気づきやすくなります。

 

 

トレード日誌を活用し、

 

トレードメンタルを改善していきましょう!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    いっちゃん (金曜日, 21 4月 2017 11:26)

    まだ、トレードはしていませんが空売り、ロスカットできるかどうか不安と恐怖心でいっぱいです。
    トレード日誌をつける事は大事だとおもいます。ありがとうございました!

  • #2

    電車男 (金曜日, 21 4月 2017 18:36)

    参考になりました。来週からは、必ずトレード日誌を書くよう努めて利益を重ねるようにします。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。