サンク・コスト効果について

 

株の学校カブックスの二階堂です。

 

 

 

本日も先週の配信に続き、

 

株式トレードにおいて重要となる

 

マインドについてのお話しをしたいと思います。

 

 

 

株式トレードではどうも

 

心理的な側面から悪影響を及ぼして、

 

うまくいかないことが多いものです。

 

 

 

本日はその中の一つである「サンク・コスト効果」

 

という心理効果について、紹介いたします。

 

 

 

 

 

サンク・コスト効果は、一言で言うと、

 

「もったいない病」のようなものです。

 

 

 

簡単な例を挙げてみます。

 

 

 

仮にユーフォ―キャッチャーで、

 

どうしても欲しい商品がありました。

 

 

 

「よし、100円だしやってみよう!」

 

と思い、挑戦するもやっぱり取れません…。

 

 

 

「でも、惜しかったからもう一回!」

 

と、何度も何度も繰り返します。

 

 

 

はっ、と気が付いた時には、すでに

 

3000円もお金を使ってしまいました!

 

 

 

しかし、ここで諦めたら・・・

 

「今までのお金が無駄になってしまう…。」

 

と、思ってしまいます。

 

 

 

せっかくここまでやったのだから、

 

取って帰らなきゃ…と、考えて

 

いつまでも果てしない戦いが続きます…。

 

 

 

 

 

このように・・・

 

「せっかくこれだけやったのだから」

 

と、撤退できなくなってしまう心理効果が

 

【サンク・コスト効果】です。

 

 

 

他にも、つまらない映画を

 

最後まで見てしまうケースなども

 

サンク・コスト効果に当てはまりますね。

 

 

 

 

 

このサンク・コスト効果の恐いところは・・・

 

先に投資したコストが大きければ大きいほど、

 

心理的効果が増幅してしまうことです!

 

 

 

また、損をしたくない気持ちが強ければ強いほど、

 

サンク・コスト効果の影響を受けやすいです。

 

 

 

このような思考にハマってしまうと、

 

お金がなくなるまで、ゲームを続けます。

 

 

 

 

 

株式投資でもサンク・コスト効果の影響で

 

大きな損失を出してしまうことが大いにあります。

 

 

 

ですので、少しでもサンク・コスト効果に

 

当てはまっているかも…と、思われたら、

 

下記3点を考えることをオススメします。

 

 

 

========================

 

1.損失は戻ってこないという現実を受け入れる

 

過ぎてしまったことをいつまでも引きずらない

 

 

 

2.このまま続けるとどうなるか冷静に考える

 

 

 

3.勇気を出して客観的な決断を下す

 

========================

 

 

 

このようなことを知っているだけでも、

 

これからのトレードは変わってくると思います。

 

 

 

気が付いたら、サンク・コスト効果の沼にハマっていた

 

ということもありますので、今週も引き続き油断せずに、

 

トレードしていきましょうね。

 

 

 

それでは、今週も一週間頑張りましょう。

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。