ロスカットを苦痛に感じた時の考え方

こんにちは。

 

カブックス名古屋校講師の竹重です。

 

株式投資をスタートすると、

 

いろいろな悩みが出てくる場合があります。

 

その中でも、特によく相談されるのが、

 

「ロスカットが頻繁に起こってしまう」

 

というものです。

 


ロスカットは、必要と分かっていても、

 

自分のお金が減ってしまう点で、

 

気持ちの良いものではありません。

 


しかし、実はこの

 

「ロスカットが多い」ということこそが、

 

ロスカットを正しく行っている、という証明でもあるのです。

 


正しいロスカットとは、

 

「損小利大」を目標とした、

 

損失額が少ないロスカットのことをいいます。

 


ある生徒さんは、

 

初めて数か月ロスカットが続いてしまったが、

 

諦めずにルール通りに取引していたところ、

 

とある2つの銘柄が買った直後に急騰。

 

その2銘柄だけで二ヶ月分の損をカバーしたどころか、

 

一気にプラスになったとの報告を、

 

嬉しそうに行ってくれました。

 


勝ち数でいえば、たった2勝。

 

しかし、利益>損失を達成。

 

 

株式投資の理想的なトレードの一つです。


これを達成するためには、

 

日頃の損失を少なく抑え、

 

勝ちトレードにたどり着くまでに

 

口座の資金をキープしておかなければいけません。

 

そうすることで、たまに発生する大きなトレードで

 

損失を上回る利益を得ることができるのです。

 


そのためには、日ごろのロスカットを細かく行い、

 

負けトレードから素早く撤退しなければいけません。

 

これを徹底していると、ロスカットの回数は自然と多くなります。

 

しかし、一回限りのロスカットで、すべての資金を失うよりは、

 

数が多くなったとしても、損失を抑えることに集中することで、

 

トレードの成績は向上していくものです。

 


ロスカットが苦痛になったときは、

 

早めに大きな損となる可能性があったトレードから

 

撤退することができたのだと、

 

自分を褒めてあげましょう!

 


最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    電車男 (金曜日, 24 2月 2017 07:13)

    おはようございます。私もロスカットが凄く苦手です。持っていれば株価が戻ってくるのではないかと思い損失を引っ張る事が多かったです。最近はロスカットを機械的に入力し自動的にロスカットが出来てから利益が伸びました。これからも利益を伸ばして行きたいです。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。