2017年

1月

19日

【カブックス通信・番外編】京都・壬生寺の人達から斬殺されていった 三菱グループの創始者の知り合いたち

 


寒さが厳しい日が続きます。いかがお過ごしでしょうか?

 

カブックス名古屋校・大阪校講師の河端です。

 

いつもトレードの話ですが、本日は気分転換に番外編を書きたいと思います。

 

 

本日は岩崎弥太郎伝3です。


~三菱グループ創業者 岩崎弥太郎の生涯 その三 ~

 

 

幕末の京都は過激な浪人たちが

 

集まってきていた。

 

徳川幕府に不満を持つ勢力

 

長州・土佐を中心にして、

 

過激な尊王攘夷

(幕府なんぞくそくらえ、天皇を中心に外国人やっちまえ勢力) 

 

勢力が京都の町を牛耳るのである。

 

と歴史上から見れば、

 

革命前夜の嵐であるが、

 

京都の人たちからすれば、単なる汚い浪人が

 

町を荒らしまわっている

 

としか見えない。

 

 

 

幕府は京都に守護職を置き、

 

京都の治安維持に乗り出すのである。

 

京都の治安維持を目的に

 

ここにかの有名な

 

「新撰組」が結成されるのである。

 

この時代、250年の泰平で武士は

 

もう力が抜けていた。

 

目には目を、歯には歯を!

 

浪人には浪人の力「新撰組」の結成である。

 

京都・壬生寺に屯所があったことから

 

「壬生浪士隊」とも呼ばれた。

(通称 ミブロ!)

 

 


そんな時、長州勢力が、

 

 

京都を追い出されるのである。

 

薩摩藩の陰謀である。

 

この時から尊王攘夷運動は転機を迎える!

 

 

 

 


尊王攘夷派は京都から

 

追いやられるハメになる。

 

皆帰国し、ちりじりになる・・

 

代表格である長州人は

 

長州藩に泣く泣く帰国・・

 

他の藩士も地元の藩に一旦退くのだが・・・

 

 


なんと土佐の郷士(下士)たちは帰る場所が

 

なかったのである!

 

土佐の大殿様 山之内容堂が

 

コロッと態度を変え

 

藩士(郷士)を処罰しだすのである!

 

京都で活躍していた

 

土佐の郷士を捕え、拷問、切腹。斬首。

 

そんな中、土佐の郷士の若きリーダー

 

武市半平太にも帰国命令がでる! 

 

 

 

 


土佐の勤皇党の連中は

 

次々と処刑されていくのである。

 

「土佐に帰れば殺される・・」

 

帰国せず京都に残った土佐の郷士たちは

 

 

 

 


次々と「新撰組」から狙われる。

 

 

 

ちなみに新撰組で、よく時代劇で登場する

 

「池田屋の階段落ち」

 

近藤勇に斬られて

 

階段転がったのは土佐人である!

 

新撰組が斬ったのは

 

長州人が多かったのではなく

 

ほとんどが土佐の浪士たちなのである。

(明治政府が成立して政府内官僚などに

 

 

土佐の郷士がほとんどいなかったのは、

 

極端に幕末に斬られた人間が多かったからである。)

 

 


土佐藩の役人にも狙われ、新撰組にも狙われ

 

土佐の郷士たちは逃げ回るしかない・・。

 

 


帰るも地獄、残るも地獄なのである。

 

 

 

岩崎弥太郎は土佐勤皇党とは関係ない

 

友達でもない・・。この男に友達などいない

 

貧乏すぎるのと地下浪人なので

 

そんな郷士たちよりも、もっと見下されているのである・・・。

 

 

 


そんな中、岩崎弥太郎は土佐で、材木売る商売を

 

しだすのである。 

 

高知城下は災害で潰れた家が多かったからである。

 

しかし売れない・・。

 

まったく売れない・・

 

借金だけがのこり、まだ貧乏のどん底なのである・・。

 

 

 

しかしこの時期この男は気付いたのである。

 

差別の塊の土佐藩において

 

 

 

唯一平等なのが、「カネ」であることに

 

 


どんな人間であれ、「カネ」が欲しい

 

「カネ」がなければ皆苦しむ、

 

「カネ」があれば人を支配できる・・

 

 

 


人はカネの元では「平等」なのである。

 

弥太郎にとってはよだれの出るほどの

 

魅力である!

 

・・・・・・・・・

 

 

 


弥太郎は木材を買い取ってもらう代わり

 

家の修繕をするという今でいうところの

 

「サービス付き商売」を始めるのである。

 


考えてみれば、災害が起き家の人はいつもより忙しく

 

大変な思いをしているのに、

 

材木だけ売っても売れるわけがない

 

人の必要なものをサービスでつける!

 

今では確立された理論であるが、

 

 

当時武士がそのようなことをするなど

 

発想のかけらもない!

 

弥太郎は生まれて初めてモノを売ること

 

を成功させるのである!

 

 

 


はーい 成功しました!めでたしめでたし!

 

 

と・・・ なるわけない!!

 

 

 

みなさまご安心ください!

 


これからこの男はもっとギトギトの

 

修羅場がまっています!

 

 


この男の 波乱万丈人生はこれから

 

である。


~次回へ続く~

 

 

 

 

 



コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    大竹 (金曜日, 20 1月 2017 10:36)

    いつも拝読しております。
    文章力がすばらしい。情景が見えるようです。
    次回がまた楽しみです。

  • #2

    ookita (土曜日, 21 1月 2017 06:40)

    弥太郎がみんなより少し考えを変えることで成功した、
    株もトレンドを読み少しだけ先を読む・・・・ことで成功する。
    と読みました。

  • #3

    カブックスクス(^_^) (土曜日, 21 1月 2017 09:29)

    あー待ち遠しい!
    次回、どのように展開するのか
    早く次をお願いします

  • #4

    佐古昌弘 (金曜日, 27 1月 2017 13:46)

    以前、私は三井信託銀行の京都支店で仕事をしたと申し上げましたが、その時一緒に仕事をした仲間から聞いた話です。
    ご先祖は土佐の方で、池田屋騒動のとき殺された人だそうです。
    池田屋で切られ、近くにあった長州屋敷までたどり着いたのですが、長州藩士にどこのだれかと聞かれ、土佐藩士野老山・・・(ところやま・・・)と言ってこと切れたそうです。
    京都の東山に霊山観音があり、そこに死亡した勤王の志士たちの名前が刻まれています。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。