迷った時の判断基準

株の学校カブックス新宿校講師の二階堂です。

 

 

 

先日の土曜日に1Dayセミナーを開催しまして、

 

その際にいろんな方からご質問をいただきました。

 

 

 

「仕掛けポイントはわかっているんですが、

 

その前に入りたくなります。どうしたら良いですか?」

 

 

 

「買ってから株価が上がっていき、少し利益がでてきたので、

 

もう売ってしまいたいのですが、どうしたら良いでしょうか?」

 

 

 

他にも多くの方から、同じような質問をいただきました。

 

 

 

ですが、どの質問に対する回答も・・・

 

 

 

「サインが出るまで待ちましょう。」という回答でした。

 

 

 

授業では、仕掛けポイントも手仕舞いポイントも

 

【サイン】となる考え方はお伝えしています。

 

 

 

あとは、辛抱強くそのサインを待ち、

 

サインが出たらその通り動くというただそれだけです。

 

 

 

 

 

それと、毎日トレードをしてしまいますと、

 

集中力も途切れますし、意識も分散するものです。

 

 

 

時には“区切る”ということもとても大切です。

 

 

 

毎日エントリーできる銘柄を探して注文をしたくなる気持ちは

 

とてもよくわかるのですが、それを続けているといつか必ず

 

上手くいかなる時期がきます。

 

 

 

なぜなら、毎日休まずにトレードを続けていると、

 

次第に、慎重さに欠けたトレードへと変わっていくからです。

 

 

 

大切なことは、エントリーにしても、手仕舞いにしても

 

サインを忍耐強く待ち、その通りに実行するということです。

 

 

 

でも、株価が上がることだけを期待するのも危険ですので、

 

もちろん、逆指値によるロスカット注文は絶対ですからね。

 

 

 

それでは、今週も一週間慎重にトレード頑張りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    佐藤 清二 (月曜日, 16 1月 2017 08:24)

    二階堂先生 おはようございます、先週の1day セミナ- ありがとうございました。
    1/14 新規買 2銘柄 新規売 1銘柄を100株で注文しました。今日の相場 楽しみです。
    長期線・トレッド展開で銘柄を、セミナ-での実例、自分で探したもの、メ-ルによる推奨銘柄から絞り込んでいます。セミナ-での先生達の見方、メールによる見方、自分の見方との違いを確認しながら、サインを見落とさないよう意識をもって、テ-マをもちながら、チャ-トをみて、トレッドラインをひくようにしています。3月まで週1回仕事していますので、3月まではできるだけセミナ-をうけ、100株の
    少ない注文で実践を積みたいと考えています。
    初級クラスの私は基本ル-ルをかたくなにまもり、原理原則に従って、反復練習していく事しかできないと考え、楽しみながら相場に長くいられるよう無理しないで行きたいと思います。
    1/20 金曜日 夜新宿校を受講いたします。よろしくお願いします。


カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。