株式投資の書籍の見分け方

おはようございます。

株の学校カブックスの竹重です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 


私は読書が趣味で、よく本屋に行くのですが、

やはり仕事がら、株式投資の本があるところに引き寄せられます。

ところが、株の書籍というのは、非常に玉石混合で、

「なんてすばらしい本なんだ!」というものもあれば、

「なぜこんな本が売っているんだ……」というようなものまで、様々です。

株式投資を始めた当初は、それこそ目について物を片っ端から読んでいたのですが、

最近では慣れてきたのか、ぱらぱらと中身を読めば、ある程度良い本か

そうでないかの区別がつくようになりました。、

もちろん、株式投資のやり方はは人それぞれですので、手法が違っても

一概によくない本とは言えません。

ですが、手法に関係なく、注意したほうが良い本を見分ける方法がありますので、

本日は、そのことをシェアしたいと思います。


それは、

「勝率○○%!」「○勝○敗!」というように、

勝率の高さや勝ち数の多さを謳っている本には

用心していただきたい、ということです。

なぜかというと、投資の世界では、勝率や勝ち数の多さというのは

まったく意味をなさないからです。


逆説的ではありますが、株式投資では、

勝率100%を達成するのは簡単です。

売らなければ損は確定しないわけですから、

含み損になった株は戻るまで保持します。

そして、1円でも利益が出れば、勝ちに間違いはありませんから、

早々に利益確定してしまいます。

こうすれば、100%利益確定が可能、

つまり、勝率100%というわけです。


もちろん、皆さんにとっては、

上記のやり方がまったく意味をなさないことはお分かりかと思います。

投資の世界においては、勝率よりも重視するべきものがあります。

それは、PF(プロフィットファクター)という指標です。

聞きなれない言葉かもしれませんが、意味は非常にシンプルです。


PF=総利益÷総損失


たとえば、ある期間で投資を行ったとして、

利益が10万円、損失も10万円だったとすれば、

PFは1となります。

利益が大きくなれば数字も大きくなり、利益が減少すれば数字は小さくなります。

このPFをどれだけ大きくするかが、投資の命題ともいえます。


いろいろな本を読んでいますが、

このPFに言及している本は、その他の部分でも良いことが書いてある可能性が高いように思います。

逆に、勝率や勝ち数の多さを謳っている本は、その他の部分でも首をかしげることが

多かったように思います。


もし投資の本を読んで勉強したい! と思われた時には、

ぜひ参考にしてみてくださいね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    ookita (金曜日, 13 1月 2017 06:51)

    いくら勝率がよくてもPFが低いといみがないと、思います。昨年藤井先生が買った4151を12月18日に買いましたが売りで間違い利益を上げることができませんでした。

  • #2

    マイウエディング (金曜日, 13 1月 2017 10:35)

    1月7日の上級コース授業で3465を買い方で例えられていましたね。
    そのまま注文を入れてもいいとおっしゃっていたので買ってみました!ちょっとづつ上を向いて利益が出てきましたが次週はどうなるか、、、

  • #3

    住友孝史 (金曜日, 13 1月 2017 16:16)

    今年になって、「バフェットとソロス勝利の投資学」を購入して読み始めました。今年からの株式投資に生かせるように頑張ります。

  • #4

    呉島 元大 (土曜日, 14 1月 2017 16:15)

    座学における、無駄を省く為にも良書の選び方参考になりました。
    これからも実践と座学の両輪でスキルアップしていきます。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。