2017年

1月

05日

株の初心者がおちいりやすい罠とは?

カブックスの東京校講師、デイトレ講師の

 

高橋陽子です。

 

 

株の初心者でこれから頑張って

 

トレードして行こう!!

 

と意気揚々としている時に

 

陥ってしまう罠があります。

 

それは何かと言うと。。。

 

 

「高値で買ってしまう」

 

または「大きな空をつけての陽線を見て

 

ついつい買ってしまった」

 

 

というものです。

 

この陽線が大きければ大きいほど

 

魅力的で。。。

 

 

魅力に逆らえずに買ってしまうんですね。

 

 

でも、よくある事態として。

 

大きな陽線が出た翌日は、陰線だったり

 

しませんか?

 

陽線の魅力で買ったものの。

 

あれ?

 

含み損。。。

 

なんてことになります。

 

 

ここで、必要な事は。

 

 

株を買える。ということは

 

誰かが株を売ってくれるから買えるのです。

 

逆に、株を売れるということは

 

誰かが買ってくれるから。

 

この法則があるということ。

 

 

この時に、高値掴みをしてくれる。

 

「初心者さん」

 

が居てくれるから、高値で売ることが

 

できますし。

 

株価が下がって反転して。

 

絶好の買い場なのに。

 

そこでマイナスになってしまって

 

売ってくれる「初心者さん」が

 

居てくれるから買える。

 

というのもあります。

 

 

だからこそ。

 

高値掴みは厳禁なのです。

 

 

つまり、大きな陽線であれば

 

あるほど。

 

もう既に皆が買っていて、そろそろ売ろうかな?

 

というポイントだからなんですね。

 

 

株を買った人は、その瞬間から

 

売り方に回ります。

 

だからこそ、「テクニカル分析」で

 

しっかり分析し、

 

絶好の買いポイント。

 

また、そろそろ売りから買いに

 

転じてくるポイントを見逃しては

 

ならないのですね。

 

 

お正月が終了し、相場もスタートしました。

 

これから、どんな相場になるか?

 

の検証よりも重要なのは。

 

 

高値掴みをしないこと。

 

絶好の買いのポイントが来るまで

 

辛抱強く待つこと。

 

 

をしっかり考えていきましょうね♪

 

 

トレードの能力を向上する

 

元年として、相場で頑張っていきましょう(*^^)v

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    上級トレーダー (木曜日, 05 1月 2017 18:54)

    「高値で買ってしまう」逆に、株を売れるということは,誰かが買ってくれるから。この法則があるということ。実はそれでやられました。(せっかく上級で勉強していたのに)でも、銘柄によりますよね。

  • #2

    ookita (木曜日, 05 1月 2017 20:33)

    年末に株を売却し、現金にかえました。売れるはかってくれる人に感謝して新しい年をスタートしました。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。