【谷口洋章】カブックス☆絵に描いた餅を食べる

こんにちは

 

横浜校・金沢校の谷口です。

 

年末を向かえ急上昇を続ける中

利益はちゃんと取れていますか?

 

典型的な上昇トレンドに突入した。

 

2013年のアベノミクスのアメリカ版

最近よく言われ始めたトランプノミクス相場である。

 

2013年のアベノミクスもそうだったように

トランプノミクスも期待感のみで上昇を続けている。

 

基本的に株式相場は経済の半年先を取引されているので

トランプの就任は来年1月、そこから本格的なご祝儀相場になると考える。

 

今年の年末から、来年の5月あたりまでは上昇傾向が続く可能性がある。

 

世界経済の中心アメリカがその状態なので、世界同時株高となり

トランプ相場で恩恵を受けそうな日本、ヨーロッパなど、好景気感がしばらく続きそう。

逆に、南アメリカや中国などは株安となっており、トランプ相場が顕著に現れている。

 

アメリカは11月のブラックマンデーからクリスマス商戦に入り

臨時雇用も増える時期なので年明けの第1週金曜日の雇用統計は高くなる時期

 

ファンダメンタルでの上昇はテクニカルの常識を超えることが良くあるのだが

この上昇はそれを象徴しているといえる。

 

テクニカル的にダウ平均は20,200ドル辺りが

フィボナッチ係数の大きな節目となるため、注意が必要。

 

ドル円相場は118円の大きな節目を抜けつつあるため

次の節目119円を超えると121円辺りまで上昇する。

 

ドル円がそこまで上昇するには年明けからの

ダウ平均を監視しておくと良い。

 

しかし、テクニカルは警告を出し始めている

 

ダウ平均は後1.5%で節目の20,200ドル

日経平均は後2%で大台の20,000円

ドル円のはあと1%で119円の節目

暴落は来ないにしても、調整が入る時期と考えておくと良い

 

トランプノミクスで用心したいのは来年のゴールデンウィーク辺り

セルインメイが発生すると考えておくと良い

 

このようにファンダメンタル中のファンダメンタル

思惑買いが急上昇をもたらすので、いずれ意味も無く暴落は来る。

 

その日のために空売りの保険としての使い方をしっかりマスターしておくことをお勧めする。

 

暴落が来たときに、笑うもの泣くもの、勝者と敗者が分かれる時なのである。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    SSD (水曜日, 21 12月 2016 08:23)

    ブラックマンデー⁇

  • #2

    中島 伸道 (水曜日, 21 12月 2016 20:50)

    こんばんは。

    ここ10日ほど保有してるケネディクスの空売りが順調に値を下げて、今の時点で4万7千円の+です。が、その他の空売りはいずれもロスカットの連続です。。
    伊藤ハム米久HDは順調に値を上げてますが、住阪セメントとオプテックスは持ち合いの状態に突入したのか、にっちもさっちもいかない状態です。

  • #3

    としちゃん (木曜日, 22 12月 2016 02:19)

    ファンダメンタルに続き、テクニカルでのフィボナッチ数のお話ですね。黄金比と言われる1:1、618が有名ですが、やはり株もその数値の間で値動きをし、23.6%、38.2%、61.8%、76.4%などの比率の間で支持帯や抵抗帯として働くのでしょうか。このところ、あまりにも上昇傾向にあるので、そのうち暴落はあると思い警戒はしていますが、時間があれば分析してみたいと思います。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。