株式投資は決断の連続

株の学校カブックスの二階堂直樹です。

 

株式投資とは証券を買い付けた途端、

買い手はその株に対する“決断”を

避けることができません。

 

決断とはその株を保有するのか、

売るのかを決めなくてはならない

ということです。

 

こうなってしまうと世の中の常として、

正しい判断を下せる割合はどうしても

低くなります。

 

そのため、個人投資家は取引を

始める時よりも、取引を終える時こそ

過ちを犯しやすい傾向があります。

 

すなわち、売買ルールを持っていない。

または、売買ルールを守れない

ということになります。

 

株式投資による長期的な損益を

考えると、売買ルールなくして、

株でまず勝つことはできません。

 

カブックス流売買法として、

お伝えしています売買ルールは

買いと空売りの両建てによる

保険をかけながらの取引となります。

 

 

カブックス流売買法を忘れてしまった、

復習をされたい、という方は是非、

カブックスの授業にお越しください。


カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。