2016年

10月

22日

自社株買いはなぜいいのか

 

From:藤井百七郎

 

名古屋本山のコメダ珈琲にて、、、

 

 

最近、新聞紙面上でも企業の自社株買いの

記事が増えています。

 

ところで、自社株買いってなんのことか

わかりますか?

 

いったいどんなメリットがあるのか

知ってますか?

 

我々トレーダーも投資家ですから

知っておきましょう、ってことで

 

今日はプチセミナーです。

 

自社株買いとはその名の通り、

 

 

企業が自社の株を買うことです。

 

 

市場に出回っている自社の株を

自分で買うのです。

 

このあたりがややこしいんですよね。。。

 

通常、株を買うのは投資家で企業ではありません。

 

ではなぜ、企業自ら自社の株を買うのでしょう。

 

 

自社株買いをしたからと言って、

企業の業績が上がるわけではありません。

 

でも、株価は反応して上がりますね。

 

なぜでしょう。。。

 

それは、それなりに投資家にメリットが

あるからです。

 

自社株買いをすると、まず市場に出回っている

株数が減って、一株当たりの利益が増えます。

 

つまり、持っている投資家たちの資産価値が

上がるってことになります。

 

それと、最近こちらももてはやされている

ROE(株主資本利益率)も向上します。

 

ROEという指標が上がると、とても

いい会社と評価されます。

 

また、株式が少なくなるということは

配当を出さなきゃいけない人が減るという

ことになるので、その分、現在の投資家への

配当が増えることになります。

 

まあざっと、自社株買いのメリットについて

ご紹介しました。

 

自社株買いがあると株価が上がる。

 

そのメカニズムはいちいち知る必要は

ないかもしれませんが、知らないよりは

知ってるほうがいいので、せっかくの

のんびりできる土曜日に書いてみました。

 

ご参考になれば幸甚です(^^♪

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    トホホ(;´д`)本舗 (土曜日, 22 10月 2016 09:26)

    おはようございます。我が社も一応ジャスダックに上場しておりますが、株価低迷しております。先般は、なんでこんな時期にインサイダ-取引の説明会するの?と、すわっもしかしたら自社株買いする?と色めきたったのですが、その後の動きはなく逆にビックバンの様相を呈して来て別の意味で期待が膨らんでいます。なんせ百万単位の含み損ですから、切るに切れません。経営陣しっかりしろ!会社の為を思って投資したのに。おまけに売る時はいちいち届出さないといけないし、売る時期の制約もあるし、踏んだり蹴ったりだわ。(-_-;)

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。