2016年

9月

06日

信じてはいけない○○新聞

 

From:藤井百七郎

 

自宅のトレードルームより、、、

 

 

やっぱりいました…

 

○○新聞に騙された人が…

 

先日、東京日本橋の会場でセミナーが終わった後、

ひとりのご婦人が私のところにやってきた。

 

○○新聞に、この会社がいいと書いてあったので

買ってみたら、みるみる下がっていってしまった。

これ、どうしたらいいでしょう?

 

これはしんどい質問。。。

 

銘柄選択も買いポイントも間違ってるからだ。

こうなると、プラス転換は望まないほうがいい。

買値まで戻ってきてくれたら、感謝しながら

プラマイゼロで手仕舞うしかないのだ。

しかも、プラマイゼロに戻る可能性は

極めて、極めて低い。。。

 

多くの人が、専門誌であり、日本を代表する

経済新聞の記事を、本当だと信じている。

そこにはこれからの未来が書いてあり、

その通りにやれば儲かると信じている。

 

 

これって、とっても恐いことなのだ。。。

 

 

改めて、新聞がどうやって売り上げを上げてるか

考えてみて欲しい。

 

 

新聞社の利益は、企業広告なのだ。

 

 

企業は新聞社のスポンサーなのだ。

だから、記事はスポンサー様の気分を害する

ようなことは書かない。

 

本当の事実があっても、スポンサー様の

ご機嫌伺いで書かないこともあるのだ。

 

だから、我々のような情報伝達の一番、

下に属する個人投資家は、新聞社の記事を

信じてはいけないのだ。

そんなところから、銘柄を探したり、

これからの予測を立ててはいけないのだ。

 

信じ込んで売買してしまうと、最初のご婦人の

ように損を出してしまう。

 

○○新聞を読むなら、こう読もう。

 

 

世間の人は、こんなことを信じてるんだな。

 

 

○○新聞を読むなら、ほかの投資家たちは

こんなことを信じている、こんなことを教育

されているんだなあぐらいに、世間の風色を

知るために読むくらいでいい。

 

あくまでも、自分なりの判断を持っていて

参考くらいに目を通すくらいでいいのだ。

 

我々日本人は金融教育が元々遅れてる。

そいでもって、まわりはガセネタばかりだ。

 

しっかりと自分で決断できるようにしておこう(^^♪

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    株仲間 (火曜日, 06 9月 2016 07:45)

    新聞の企業ニュース(材料)は日常茶飯事、朝記事観た投資家は当然に株価を注視する。
    格言に(天井3日・下値100日) 良いニュースは上げたら、3日しか持たない一過性が多いのだ、長続きしない。下がったら、100日下値に推移ということだ。「ガセネタ」高値掴みしないよう気お付けよう。(^^♪

  • #2

    トホホ(;´д`)本舗 (火曜日, 06 9月 2016 08:15)

    おはようございます。プラマイゼロになった株は2割かな。後は何年かかっても戻らない。カブックスをもっと早くしっていればこんなことにはならなかった。どの情報も話半分に聞いて自分で判断、失敗したら即損切り。一番傷が浅い。何事も多少は失敗するもの。プロ野球のバッターだって3割打ったら、名バッター。7割は失敗しているのだから。昨日はモブちゃんで小遣い稼ぎ。目を離していた間に飛んでしまった。残念!今日も上司がいないので小遣い稼ぎできるといいなあ。(笑)

  • #3

    taka (火曜日, 06 9月 2016 12:29)

    藤井先生の趣旨はわかりますが、理由はちょっと違います。

    スポンサーの不利な記事を書かないなんて、それほど多くありません。
    NKであれ夕刊Fジであれ、ほとんどは取材にもとづく事実です。
    ただ、それをマスコミに流す前から、機関投資家などが買っていて、記事が出たタイミングで売りをぶつけてきます。
    決算前から上げて、好決算で下げなども同じです。

    また、例えばそーせいのように、良いと言われていても、8000円から半値に下げ、それから爆上げする株もあります。
    これは、その時々で主な見方が変わるからです。

    NK1面のトップ記事は「売り」といいます。
    世間の見方を利用する人もいるので気をつけてください。と書くなら良いのでは。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。