2016年

8月

16日

やってはいけない、強気で攻め

 

From:藤井百七郎

 

名古屋自宅のトレードルームより、、、

 

 

ちょっと勘違いの話しね。

 

先日、授業の合間に生徒さんとお話しした。

 

それで、それは違う違うと思ったのでシェアね。

 

 

その方、買いポジションで入りましたぁ。

 

それで、株価が下げっていきましたぁ。

 

ロスカットまでは来てないけど、

 

支持線らしきものに触ってますぅ。

 

元々、買いますつもりでいましたぁ。

 

だから、下がってきたところで買い増しましたぁ。

 

 

見事な追撃作戦でしょうぅ!

 

 

と言ったので、

 

それは大きな勘違いだ、

 

それは、ナンピンだよ、と答えた。

 

 

株を買い増すにも2種類ある。

 

追撃とナンピンだ。

 

株数を一回でドーンと買うのはリスクが高い。

 

打診的に買って、本格的上昇が見込まれたら

 

第二弾の買いを入れていく。

 

これは、見事な「追撃」作戦だ。

 

 

ところが、予想に反して下がってきた場合、

 

買い増していくのは「ナンピン」だ。

 

確かに、買い単価は低くなるが

 

リスクがめちゃめちゃ高い。

 

なぜなら、下がってきてるところに買い向かう。

 

”逆張り”になってしまうからだ。

 

 

追撃は、リスクを抑えて、利を引っ張っていく

 

スウィングの王道の戦略だ。

 

だけど、よくナンピンと間違える人が多い。

 

ナンピンは、漢字で書くと

 

 

難平 と書く。

 

 

平らにするのは難しいって意味だ。

 

昔から下手なナンピン、スカンピンって

 

ことわざもある。

 

追撃とナンピンを間違えないように

 

気を付けよう。

 

 

間違えないポイントは、

 

利益が乗ってるときに買い増すのは、追撃。

 

損が出てるときに買い増すのは、ナンピン。

 

ちょっとした間違いが大きな損につながる。

 

 

勘違いだけはしないようしよう(^^♪

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    株仲間 (火曜日, 16 8月 2016 08:00)

    株が下がり出すと早いんだな・・・! もう下げ止まりかと思うと、もっと、もっと下がるんだよ。
    「ナンピン、スカンピン」よくやりました。うまくいかない方が多かったね。
    利益が乗ってきたら買い増す、追撃しよう。

  • #2

    トホホ(;´д`)本舗 (火曜日, 16 8月 2016 17:19)

    お暑うございます。昔、ナンピンの怖さを知らずに何銘柄もやって今にいたります。つまり塩漬けオンパレードです。上手くいけば良いですが・・・、小生を反面教師にして下さい。ロスカットの金額の方が塩漬けより負担は少ないと思います。塩漬け株を持って資金ショートし首が回らなくなるより、わずかな損でとっとと売ってしまって、別の銘柄で利益上げた方が、精神的にも楽ですよ。塩漬けはほんとうに精神的に悪い。買い増しは楽しいでっせ。

  • #3

    瀬野光枝 (水曜日, 17 8月 2016 15:22)

    難平をしてはいけないと授業で教わったのに ついついやってしまい塩漬けを増やして反省しています。教科書をもう一度 学び直そう、と思います。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。