2016年

7月

26日

やっぱり出た!困った質問!

 

From:藤井百七郎

 

自宅近所のコメダ珈琲にて、、、

 

 

先日もセミナーをした。

 

4時間の初心者向けセミナーだ。

 

後半に聞いてみる。

 

何か質問はありませんか?

 

すると、やっぱり出るんだな…

 

あの…お決まりの…質問…

 

 

「明日から上がりますかね?」

 

 

・・・( 一一;)

 

 

私のブログをずっと

 

読まれてる方ならもう

 

分かってると思うけど、

 

答えは

 

 

「知ーーーらーーーん!」

 

 

これは何度も言うし、

 

昔からの普遍的な事実なんだけど

 

相場がどっちに行くかなんて

 

誰にもわからんのだ。

 

もし、100%どっちにいくのか

 

分かったら、私は目いっぱい借金を

 

してでもエントリーする。

 

テクニカル分析で上か下かの

 

可能性をだすことはできても

 

100%当てることなんて無理なのだ。

 

 

年収3,000万円の経済アナリストだって

 

ほんとのところどっちだかわかってない。

 

相場をずっと見てきてるから、そんなこと

 

くらいすでに知ってるのだ。

 

だから、ほんとはわからないんだけど

 

知りたいって人や教えてほしいって人が

 

たくさんいるので、上か下かを言ってるだけだ。

 

 

人はどうしても未来を知りたがる。

 

それは未来がわからいので不安だからだ。

 

自分の大切なお金を預けるのだし、

 

今損が出てたりしたら戻ってきてほしいって

 

気持ちもわからんでもない。

 

でもどんな事情があるにせよ

 

上か下かを言い当てるのは無理なのだ。

 

 

トレーダーとしてやっていきたいなら

 

上か下かを予測するのは無理だって

 

ことをまずは折り込んでおいてほしい。

 

 

 

相場の動いた方向にポジションを持つ。

 

 

 

この簡単なルールだけを覚えておこう。

 

ポジションと反対方向に動いたら

 

ルール通りにロスカットして、

 

動いた方向にポジションを取り直そう。

 

そして、トレンドをしっかりと捕まえて

 

損を取り返して、利益を引っ張ろう。

 

株は至極、簡単なものなのだ。

 

 

イギリスはEUから離脱なんかしないと

 

くくって、買いだけだった人は

 

6/24に大きな損を出したし、

 

リーマンの再来と思い込んで

 

15,000円割れを予測した人は

 

空売りで大きな損を出した。

 

 

もし、あなたにも同じような経験が

 

あったなら、その経験から学ぶべきだ。

 

その痛い思い出から勉強すべきだ。

 

そして、あなたの後に続く

 

新人トレーダーに言ってあげよう。

 

 

「相場を予測するな!」とね(^^♪

 

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。