2016年

6月

05日

5月を振り返り戦略を立てる

 

From:藤井百七郎

 

名古屋の自宅近くのコメダ珈琲にて、、、

 

 

もう6月だね~

 

5月に仕込んだ銘柄もそろろろ手仕舞ってるころ。

 

今週は6月の新しい仕込みの週となる。

 

 

5月の成績はどうだった?

 

 

なかなか難しい月だったね…

 

4月は下、上、下とトレンドがはっきりだた月だった。

 

とても取りやすい月だった。

 

(買いのみの方は苦しかったと思うけど…)

 

ところが5月は一転…

 

トレンドの出ない持ち合いの月だった。

 

 

ところで、持合、持合って言ってるけど

 

持合にも2種類あるって知ってた?

 

 

1つは全く動かない、「心肺停止型」だ。

 

もう1つは5月のようにボラティリティのある

 

持合型だ。5月は

 

・下から始まって上昇

 

・上から始まって下降

 

とてもやりにくい持合タイプだ。

 

心肺停止型は粘り強く仕込んでトレンドの発生を

 

待てばいいが、ボラティリティ型はロスカットばかりになる。

 

精神的にもしんどい持合だ。

 

 

特に今年5月のタイプは前場と後場では

 

まったく違う動きをされた。

 

昨日より下から始まって、昨日仕込んだ買いがロスカット。

 

前場は上昇するので、再度買いを仕込むと

 

後場から人が変わったように急落が…

 

敢え無く、当日仕込んだ買いもロスカットに…

 

そして、空売りが約定して、翌日朝にロスカット…

 

 

これを『往復びんた』と呼ぶ。

 

 

キリストは右のほほをたたかれたら、

 

左のほほをだしなさい、と言ってるが

 

我々はそんな聖人ではない(^^;

 

 

5月にやってうまくいった戦略がある。

 

・昨日終値より上や下から寄り付く

 

・前場と後場の動きが違う

 

これが特色だった。

 

 

で、私がとった戦略はこうだ!

 

◎ロスカットのラインを大きくとる

 

◎後場、できれば14:30から仕込む

 

 

まずはロスカットラインについてだけど、

 

トレンドが発生せず、日の中の動きも定まっていないなら

 

基本通りのロスカットラインではただのロスカット貧乏で

 

終わってしまう。

 

なので、あえてロスカットラインを大きくとったのだ。

 

その結果、いくつか粘り勝ちを収めた!

 

 

それから、後場に仕込むやり方だけど、

 

特別これは5月に限らず前々から提案してるやり方。

 

特に前場に勢いよく動くので、動いたほうにポジションを

 

とると当日か翌日にロスカットになる可能性が大きかった。

 

ので、あえて午前中は気になるけど仕込まなかった。

 

このやり方も5月は功を奏した。

 

 

毎年3月になるとその年は一定のリズム、方向で

 

動いてくれるが今年は小刻みな方向性で動くようだ。

 

その時、その時の相場に合わせてカスタマイズしていこう。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    山本恵郎 (日曜日, 05 6月 2016 10:15)

    これは、前場は素人、後場はプロからくる相場のことてですか?15時直前で上下うごきますが、この現象はどういうことですか?

  • #2

    経験者 (日曜日, 05 6月 2016 11:26)

    「その時、その時の相場に合わせてカスタマイズしていこう」相場は生き物参考になります。
    前場の寄り気配でロスカツットを調整し何度か助かった経験をしました。
    無理しない、ダメなら潔くロスカツット、取消しよう。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。