2016年

5月

28日

株価大暴落の予兆とは・・・

 

From:藤井百七郎

 

自宅のリビングルームより、、、

 

 

「セル・イン・メイ」って知ってる?

 

昔からの株式の格言(?)だ。

 

格言というより、経験則かな。

 

毎年、5月はよく下がるから

 

先に売っておけ!って意味ね。

 

日本のマーケットも外人がほとんどで

 

外人の決算は6月だから、その前の月の5月は

 

ファンドなどが現金化するために売るらしい。

 

なので、5月は下がると言われている。

 

だから、言い伝えに素直な人は5月になると

 

買い持ちを売る傾向にあるらしい。。。

 

 

こういった経験則や言い伝えみたいなものは

 

無視してはいけないけど、信じ込んで売買するのは

 

どうかな~って思う。

 

往々にして外れるケースが多かったり

 

裏をかいて攻める輩もいるからだ。

 

月並みな発言ですが、自分なりに判断したほうが

 

いいよね。恨みっこなしになるからね(^^;

 

 

さて、藤井流の株価大暴落の予測法をご紹介!

 

 

まずはチャートを見ましょう。

 

日経平均株価のチャートを見て、今が高値圏か

 

どうかの判断をくだしましょう。

 

グランビルの法則でもいいし、エリオット波動でも

 

いいでしょう。

 

価格で判断するものいいし、前の高値付近まで

 

来ているでもいいでしょう。

 

何らかの理論、法則で理由付けができればOK。

 

 

それで高値圏だと判断したら次は…

 

 

コンビニに行ってください!

 

 

並べてある週刊誌の表紙を見てみましょう。

 

特に、週刊ポストや週刊現代などがいいです。

 

日ごろは下世話なニュースを書いているほうがいいですね。

 

これら週刊誌に株の話が載っていたら、

 

 

 

要注意だ!!!

 

 

 

株価が大暴落するときは、決まって高値圏で起きる。

 

高値圏とは株価がじゅうぶんに上昇している状態。

 

素人が買うときはその高値圏だ。

 

素人が買う理由は、日ごろ読んでいる下世話な週刊誌に

 

たまたま株の話が載っていたからだ。

 

玄人は素人が買ったのを確認して売りに出る。

 

これが株価のサイクルなのだ。

 

 

だから、チャート的に高値圏で

 

週刊ポストに株の話が出たら

 

暴落のリスク大と考えよう。

 

 

買いを持ち越しているなら売りを考え

 

手ぶらなら空売りのチャンスをうかがおう。

 

大暴落に生き残るには、または稼ぐには

 

予測をしておくこと。

 

そのためには予兆を見逃さないこと大切だ。

 

 

ご参考にしてください(^^♪

 

 

 

P・S:セル・イン・メイって騒いでるけど、実は過去5月は

    それほど下がっていない。2003年以降のデータによると

    5月の下落率は1%以下なのだ。あまり、まわりの雰囲気には

    惑わされないようにしておきましょうね。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    トホホ(;´д`)本舗 (土曜日, 28 5月 2016 09:37)

    おはようございます。5月で、また一歳年を取り、憂鬱です。でもここまで生きてこられたのを幸せと思うべきなのでしょうね。この1週間で一日平均3,000円。来週は5,000円目標で頑張ります。

  • #2

    K (土曜日, 28 5月 2016 10:41)

    すばらしい。素人の私でも分かる、株価予測コメント、たいへん参考になりました。ちょくちょく、コンビにに立ち寄ろうと思います。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。