2016年

5月

03日

負けに不思議の負けなし

 

From:藤井百七郎

 

名古屋市中村区のコメダ珈琲より、、、

 

 

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

 

これはプロ野球の名匠、野村克也さんの言葉だ。

 

プロ野球ファンの人ならだれでも知ってる野村監督。

 

古くは南海ホークスから、当時は弱小チームだった

ヤクルトを優勝に導いたり、最近では楽天イーグルスを

優勝争いができるまでに引っ張り上げた名監督だ。

 

長年、いろんなチームの監督を渡り歩き、

プロ野球界の生き字引みたいな彼が言った言葉だ。

 

 

勝ちは偶然に転がり込んでくることもあるけれど、

負けた時はどこかに原因がある、という意味だ。

 

 

さてさて、もうトレードをされているなら

この言葉、胸に刺さりませんか・・・?

 

 

何気なく仕込んだ株が、予想以上に動いてくれて

大きな利益をとった経験はあると思う。

 

いわゆる、ラッキーヒットだ。

 

深く考えずに、チラリとチャートを見て

ほぼ衝動買いに近い感じで買ってみた。

 

すると、翌日に日経新聞の一面にニュースが出て

ストップ高に!

 

 

勝つときってのは不思議なもので、手抜き仕込みでも

勝ててしまうのだ。

 

しかし、これも不思議なもので負けるときは

どこかに必ず原因があるものなのだ。

 

銘柄選択で考えるなら、できる限り多くの

側面からチャートを検証する必要がある。

 

週足であったり、一目均衡表であったり、

信用残、長期チャート、分足も侮れない。

 

そのうちのひとつをおざなりにしてしてしまうと

ロスカットにつながることが多い。

 

敢え無くロスカットになったチャートのいくつかは

あとから検証してみると、どこかに落ち度があったりする。

 

いつも万全の状態でチャートを検証できるわけじゃ

ないから、落ち度があっても仕方ないことかもしれない。

 

しかし、敢え無くロスカットになったものを

スルーしてしまうのは良くないことだ。

 

 

絶対、絶対、絶対に!

 

 

良くない!

 

 

必ず検証すべきだ。

 

 

ロスカットから学ぶべきだ。

 

実は、ロスカットが一番勉強になったりする。

 

 

ロスカットの有効活用じゃないけど、

あとから冷静な目で検証してみよう。

 

過ちや落ち度が発見できれば大成功だ。

 

そして、同じ過ちを繰り返さないようにしよう。

 

 

今日はゴールデンウィークでお休みだ。

 

相場もない。

 

冷静にチャートが見れる日だ。

 

いくらかお休みをしたなら、今月や先月に

ロスカットになったチャートを検証してみよう。

 

新しいことを覚えるより、検証して発見し、

繰り返さないほうがあなたにとってよっぽど価値があるからね。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    佐古昌弘 (火曜日, 03 5月 2016 17:30)

    前回のメールで、この連休の谷間にデイトレはしないようにとありました。
    私は1銘柄か2銘柄に絞ってやってみようかと思っていましたが、思いとどまりました。
    おかげで穏やかな気持ちで、最近死亡した愛犬”モモタロウ”の納骨をしました。
    朝夕の散歩がなくなり、運動不足になっていますが、明日は元気を出してフィットネスクラブに行く予定です。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。