2016年

4月

29日

藤井、税務調査に入られる・・・

 

From:藤井百七郎

 

自宅のリビングより、、、

 

 

先日、弊社に税務調査が入った。

 

今月4月21日、10:00ぴったりに税務調査官がやってきた。

 

男ひとりでやってきた。

 

弊社は設立5年、まだ消費税は払っていない。

 

通常、そんな小さな会社には税務調査は来ない。

 

今回の調査は異例なのだ。

 

お互いに警戒しあいながら、名刺交換。

 

私の横には顧問の税理士が付き添っている。

 

簡単なヒアリングから調査はスタートする。

 

家族構成や売り上げの流れなど…

 

30分ほどで終わって、私は通常業務ということで

隣のトレードルームにもどる。

 

ところが、ちょくちょくとあれこれとつっついてくる。

 

顧問の税理士が、調査官から聞かれたことを私に伝達に来る。

 

だから、通常の業務なんてできるわけがない。

 

 

昨年の6月27日はどこで何をしていたか?

 

2013年の売り上げから契約書はあるけど、入金履歴がないとか…

 

 

そんな前のことなんか覚えているわけないだろうーーーー!!!

 

っと叫びたくなるが、それが税務調査なのだ。。。

 

手帳を広げたり、頭をしぼって思い出すしかない。

 

ってなわけで、ほぼ一日、通常業務はできず。

 

トレードも手つかずで終了。

 

 

16時には一通り調査は終了ということで、

まとめの面談に入る。

 

今後の指導と、若干のどすをきかせてきやがる。

 

ひととおり聞いた後に、調査官の個人的な話になった。

 

 

調査官:ほんとうは私も社長のことがうらやましいんですよ。

    好きなことをビジネスにして、大きくされて。

    私もほんとうは株をやってみたかったですよ…

 

私 :ありがとうございます。・・・。

 

 

何かを探ってくる調査官なので、私は必要以上には話さない。

 

しかし、彼の話しぶりから嘘でも社交辞令でもないことは

わかる。

 

だから思った…

 

 

(そうだよ。あんたは才能を誤ったのさ…)

 

 

山のような領収書から1枚を抜き出してくる才能、

 

滝のように流れる入金履歴から、1500枚以上ある契約書を

照らし合わせて、不明な2枚を抽出する才能、

 

もし、この才能を株に使っていたら、あんたは

きっと成功していただろうに…

 

この調査官は、私より2歳年下の48歳。

酒は全然飲まないらしい。なんでこんな、税務調査官なんて

嫌われる仕事をしてるのかわからない。耳が特徴的で、

えびすさんのような福耳をもっていた。その福耳は、

誰かに福をもたらすことはあるのだろうか…

 

なんて、考えてしまった。

 

もうこれ以上、親しくはなることはない彼だが

なんだか哀れに思ってしまった。

 

さて、このメルマガを読んでるあなたは

すでに株をやっているか、やろうと思っている側の人間だ。

 

世の中には、この哀れな調査官のように、株をやりたくても

できない人はたくさんいるのだ。

 

あなたはある程度、恵まれた環境にいると思ってもいい。

 

せっかく恵まれた環境にいるのだ。

 

精一杯、才能を発揮してみてはどうだろう…?

 

最後に、スターウォーズを作ったジョージ・ルーカスの

言葉で締めくくりたい。

 

 

「あなたの前のとびらは開かれている。いつでもチャンスを

 つかむことはできる。あなたに、そのとびらを開く勇気があればね」

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    赤塚栄次 (金曜日, 29 4月 2016 10:13)

    (調査官:ほんとうは私も社長のことがうらやましいんですよ。)男一人でやってくるとは、これが本音でしょう。税務署もマルサの女を使えばよかったのにね。
    自分には、間違っても税務官など来ないと思うが、にらまれる位になりたいもんですなー!
    話は変わるが、昨日の黒田発言は不発でしたね。証券マンやアナリスト達の言ってた事は、ほとんど期待外れでしたね、あの時間帯に空売り仕掛けて大正解でした。
    連休明けのトレードが楽しみになりました。

  • #2

    佐古昌弘 (金曜日, 29 4月 2016 20:23)

    私は以前銀行に勤務していた時、税務調査で担当官の調査を受けました。
    嘘も平気で言うし、脅しもします。
    それに対抗するには、毅然とした態度で接することです。
    弱みを見せると付け込んできます。
    周りでハラハラするほどやり合いました。
    金曜日の夕方いつまでもやると言いました。
    私は言いました、これから社員旅行があります、私は幹事長で、私が行かなければ出発できません。
    本当はゴルフのコンペで、軽井沢に行くことになっていたのですが。
    幹事は本当でした。
    私は提案しました、言われた資料は別の場所に保管してあるので、月曜日その場所に来てください、
    そこでお見せします。
    担当官は3名でしたが、チーフの人が月曜日に来ました。
    調査が終わった後、喫茶店で話をしました。
    その人が言いました、”佐古さんはいいね、一生懸命仕事をすればお客さんに感謝される、我々は一生懸命仕事をすると嫌われる”。
    私は言いました”そうですね”。二人でゲラゲラ笑いました。
    後日談があります、その担当官が転勤した後、後任者が挨拶に来られました。
    担当官が挨拶に来ることはまずないそうです。
    彼は前任者から言われたそうです、”あの支店に行って佐古さんに会ってくるように”。
    調査の時は、ガンガンやり合いましたが、私の言うことが間違っていなかったと認めてくれたのでしょう。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。