2016年

4月

13日

喝!な生徒さん

 

From:藤井百七郎

 

自宅のトレードルームより、、、

 

 

「喝!だぁ~」

 

がんばってるんだけどポカをやった生徒さんに

 

期待を込めて喝!だ。

 

 

どっひゃ~~という生徒さんがいたのでご紹介します。

 

その生徒さんはカブックスでお勉強されて、さあ株デビュー。

 

でもいきなり自分のお金でやるのはちと心配。

 

ということで、仮装取引サイト「トレーダーズダービー」で

 

トレードをやってみることにした。

 

それは別に悪いことではないと思う。

 

よくわからないまま始めるよりは、感覚をつかんでから

始めたほうが被害が少ないからね。

 

問題は…

 

ずっと仮想サイトにいたことだ。。。

 

約3か月。

 

その生徒さんは仮想サイトで売買を繰り返した。

 

いくら仮想でも3か月も売買する必要はないはず。

 

1カ月もあれば、実際のお金で売買できたはずだ。

 

ところが、彼は仮想サイトでの売買が気に入ってしまった。

 

それはいつかはトレードするための練習だったものが

仮想サイトそのものの株ゲームにはまってしまったのだ。

 

その生徒さん、なんと、仮想サイトで全国100位に

入ってしまった。

 

景品でお掃除ロボット「ルンバ」をもらった。

 

それで自信を持った彼はやっと自分のお金で

売買することを決めた。

 

予定では、仮想サイトでの実績通りにいくと思っていた。

 

 

 

ところが・・・

 

 

 

最初の1カ月で大きな損を出すことになってしまった。。。

 

 

なぜか?

 

 

仮想の資金と本物の資金は違うからだ。

 

緊張の度合いが全然違うのだ。

 

ポジションを持っているときのプレッシャーに耐えられなかったのだ。

 

仮想サイトなら引っ張れた利益も、そそくさと利確しちゃう。

 

逃げなきゃいけないところも、粘っちゃった。

 

でました、利少損大。

 

勝てるわけないっすよね。

 

これはよくあることだけど、

 

一通りお勉強されたのに、もう少しわかるようになってから

始めてみたい、という方がいる。

 

もちろん、よくわからないのに始めるは危険だけど、

完璧になってから始めようなんて言ってると、

いつまでたっても始められない。

 

完璧なんて、いつまでたってもないからだ。

 

株を始める方に言いたいのは、

 

一刻も早くトレードを始めることだ。

 

できるだけ早く、自分のお金でトレードすることだ。

 

自分のお金ならめっちゃ真剣になる。

 

真剣になるから、よくわかるのだ。

 

ところで、さきほどの生徒さん、その後どうなったかというと

 

仮想サイトから実際のお金にシフトして失敗した

経験が活かされて、今は勝ち組トレーダーとして

がんばっている。

 

藤井はほっとしている(^^♪

 

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。