2016年

4月

03日

株式用語は覚えるべき?

 

From:藤井百七郎

 

大阪のセミナー会場より、、、

 

 

このところ話題になっている映画がある。

 

『マネー・ショート』だ。

 

話題といっても僕らの業界だけだけどね…

いくらブラッド・ピットがでてるといっても

一般の人はあんまり見たがらない。

「オーシャンズ・イレブン」のほうがよっぽど

娯楽性に優れている。

 

観に行った人の話を聞いてると、のっけから専門用語が

連発されてよくわからかったって声が多い。

確かに株式投資って専門用語が多いよね~

 

板、なんて普通に使ってるけど、

 

なんで板なの…?

 

よくよく考えると不思議だ。

 

 

ザラ場って、なんてザラ場なの?

どっかザラザラしてんの?

 

なんて思ったものだ。

 

よくセミナーに来られる方でも読み方を間違えてる

人が多い。

 

約定を「やくてい」って言ったり、

(正しくは「やくじょう」)

 

日足を「にっそく」、

(正しくは「ひあし」)

 

説明書きがないと普通、そうやって読んじゃうよね。

 

こと株式投資においては名前の読み違いなんて

別に大したことではない。

読み方を間違えたからといって損をすることはない。

学校の試験とは違うからだ。

 

大切なのはちゃんとチャートが見れること。

もう少しいうと、チャートから読み取れることが

大事だ。

 

移動平均線はどっちを向いていて、今は上昇なのか

下降なのか、だから買いで行くのか、空売りで

仕掛けるのかの判断ができること。

 

さらに、漠然と仕分けるだけでなく、どこで仕掛けるかの

戦略が見えていること。つまり、今日までしかない

チャートの、明日からの続きのチャート画面が描ける

ようになったらもう一人前だ。

 

そこには株式投資の専門用語なんて何も必要ない。

 

博識をつけると賢くなった気がするが、ほんとうに

トレードで大切なことはすべてチャートの中にあるのだ。

 

 

P・S:藤井の電子書籍が発売になりました。

   よろしければご覧ください(^u^)

    ↓ ↓ ↓

   「たった20分でわかる株式投資の始め方」

 

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。