2016年

3月

20日

80%が見落としてる重要ポイント

 

From:藤井百七郎

 

自宅のリビングより、、、

 

 

「どうやったら株で勝てますか?」

 

セミナーで一番よく聞かれる質問だ。

 

あまりにも抽象的過ぎて答えるのが難しい。

私なんかも含めて株に携わっている人間は

すごい数になるが、すべてほ人が教えてほしい

くらいの問題だ。

 

勝てる方法はこれから先もずっと探っていくものだが

勝つためのコツなんてのはいくつかある。

 

 

それは・・・

 

 

日経平均株価と歩調を合わせることだ!

 

 

もっとも初歩的でこれほど重要なことはないと思う。

 

どんなにいい会社でも日経平均株価が下がっているときは

ほぼ下がる。あんまりメジャーでない会社も日経平均株価が

上がっているときはひょっこり上がってくる。

狙っている銘柄があれば、日経平均株価が上がるときに

ちょんと買えば追い風に乗って利がのる。

 

それが相場というものなのだ。

 

原理原則にも思えるが、いがいと多くの人がわすれがちだ。。。

 

銘柄は固有の会社名がついているせいか、愛着がわきやすい。

固有の名称を何度も呼んでいるうちに、我が子のように思えて

しまう。終いにはかなり株価が下がっているのに、うちの子に

限って大丈夫だ、なんて親バカも方もいる次第だ。

 

目の前にかわいい我が子がいると周りがみえなくなってくる・・・

 

YDK!(やれば できる 子)と思い込んでしまう。

 

業績はいいし、注目度もいい、これから話題の業種だ。

きっと悪いのは今だけでぜったいに上がってくる。

だって・・・私の子なんだから!

 

こうなると、もう末期症状だ。。。

 

「木を見て森を見ず」

 

全体を見ながら一部にこだわる必要がある。

 

麻雀の上手な人は自分の手牌だけでなく、ほかの人が捨てた牌

つまり「場」の流れを見ているという。

 

さあ、今日は日曜日!

 

一週間の計は日曜日にあり。

 

なにかいい銘柄はないかと探しに行く前に、日経平均株価の

チャートをまずはじっくりと、じっくりと見てみてはどうだろう。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    赤塚栄次 (日曜日, 20 3月 2016 08:26)

    麻雀といえば、少しお節介になりますが「ツモ」相手が捨てたら「ロン」です。
    端的にツモで最後のあがり「牌(パイ)」を自分で引き当てることですね。
    自分の番に牌をひいてきて、その牌であがりであれば「ツモ!」とかっこよく決められる。
    ロンとは最後のあがり牌を相手の捨てる牌で補充する。 相手が捨てた牌が自分のあがり牌だった時「ロン!」と自慢げにいえるが、簡単には上がれないそこで「役(やく)」というものが登場することになりますね。麻雀は役がないとあがれないので、初心者泣かせな部分ですね。
    ( 日経平均株価の チャートをまずはじっくりと、じっくりと見てみてはどうだろう。)賛成です。
    勝つためには、つまり「役(やく)」とは、その日の、日経平均株価・為替相場、見ないとなかなか難しいのではないだろうか・?・・出しゃばりの持論を述べてみた。(参考までに)m(__)m失礼しました。


カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。