2016年

3月

06日

3月、ここからの作戦・・・

 

From:藤井百七郎

 

東京日本橋のセミナー会場より、、、

 

 

早いもので今年も、もう2カ月が終わりました。

 

特に今年のような大荒れ相場だと、

あれやこれやと右往左往してる間に時間が

過ぎてしまった感じです。

 

安心してください!

 

今年はこれからもずっとこんな感じです(^_^;)

 

さて、毎年思うのですが、1~2月は相場全体の

方向や特色がつかみにくいです。

 

これは私だけでなく、証券ディーラーや投資顧問の

方々もおなじことを言われます。

 

理由としては、日本の相場の主たる参加者は外国人。

実に売買代金の6~7割は外国人投資家です。

カテゴリー的には機関投資家、ヘッジファンドなど。

外国は日本と違って決算は12月です。

数字の悪いファンドマネージャーは首になります。

1月からは新しいファンドマネージャーになります。

ファンドマネージャー、つまり相場においての

プレーヤーが変わるので、相場自体も変わるのです。

 

ですから、1~2月はお互いにジャブで様子を

見るといった感じなのでしょうね。

 

ってことは、3月からが本気の勝負。

お互いにジャブだけでなく、ストレートを打ってくる

ことになります。相場の本当の方向、特色がしっかりと

あらわれてきます。

 

彼らの本気の動きが分かれば、我々も戦略ができますね。

今年2016年の方向、特色に合わせてトレードスタイルを

決めることになります。銘柄選択や仕掛けポイント、

手仕舞いポイントを微妙にカスタマイズすればいいのです。

 

まずは彼らの方向、特色、併せてクセなども知りたいですね。

 

そのためには…

 

 

こちらがある一定のルールで持ってトレードしてみることです。

 

 

うまくいくパターン、はずれるパターンがでてきます。

 

ここからはうまくいく、はずれなどをデータと経験値を

合わせて試していく時期です。

 

うまくいくパターンを見つけるためには、こちらが一定の

ルールでしばらく続けることが重要です。

できれば、はずれがあっても気にせず3カ月は続けたいところです。

 

これが見つかれば残りの月は収穫だけです。

 

1~2月は損が先行している方もいると思いますが、

早く今年のパターンを見つけて、とり返していきましょう。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    赤塚栄次 (日曜日, 06 3月 2016 09:07)

    (うまくいくパターンを見つけるためには、・・・・・・はずれがあっても気にせず3カ月は続けたいところです。) やってみましょう。為替が円安で、日経平均上昇を祈って、3月は、例年は上昇相場60%前後と安定相場のようですが、1・2月、藤井先生の話のように、良くなかった分取り返したいですね。
    トレーダーの皆さま頑張りましょう。

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。