2016年

2月

20日

名古屋弁だがね

 

名古屋弁だがね

 

 

From:藤井百七郎

名古屋のトレードルームより、、、

 

 

※今回はメルマガのマンネリ化を防ぐため

 特別企画で藤井の住んでいる名古屋弁にて

 お届けします。

 

 

まあ、しーばらく前の話になるんだけどぉ。

わし、フランスに行ってきたっちゅう話しとったがね。

しばらくぶりに、どえらい感動した話したいんだわぁ。

 

だでね、ちょこっと話しさせてもらうけんどね~

 

ルーヴル美術館ちゅうとこに行ってきたんでけどさあ

何にも知らんと普通に行ったら、あんた、どえらことになってまったわ

東京ドームがもうほんとに、いくつ入るわからんくらい広いんだわあ

3つ、4つばっかであれせんでね~もう、ひとつの町くらいに

広くて大きいんだわあ。まあ、あんた、それこそ、名古屋駅が

まるっと美術館になっとるようなもんだわ。

そんなもん、1日ではぜったいに回れせんて。無理だて。

行っても行っても、ずっと絵がなんどらっせるてぇ。

 

まあ~歩いとるとね、足は痛なってくるわ、腰は張ってくるわ、

まあほんとにきっついでかんわ。わっざわざ来たけど、どえりゃあ

後悔してまったて。

 

ほんでもね~

 

やっぱ本物は違うでね~

 

やっぱええよぉ~

 

しんどかったけど、来たかいあったて!

 

ほんもんのモナ・リザなんて、めったに見れせんでね。

実物はテレビとか写真とかとは全然違うでね。

見てびっくりだったわぁ~

テレビとかで見るとね~なんだか、ペターって感じするけどね

何ていうかね~…防弾ガラスに囲まれとったんだけどね、

グーッとね~こっちに出てくるみたいに迫力があるんだわぁ。

他の絵に比べて小~さいんだけど、やーっぱ何か違うんだわ。

とにかく、テレビで見るんとはでーら違うんだわ。

 

久しぶりに感動してまったがね。

 

ほいでもって、ルーヴルっちゅうたら、もうひとつあれだがね…

 

ミロのビーナスだわ。

 

 

これもやっぱ、えかったわ。

 

 

 

 

 

モナ・リザといっしょで、やっぱ本物をじかで見るっちゅうのは

なんか違うでね。ただの彫刻やけど、なんかリンとしてらっせる。

他の普通の彫刻にはないもんを持っとらっせるて。

 

ところで、ミロのビーナスはなんで手がないか知っとる~?

わしも前々から気にはなっとんだけどぉ、やっとわかったて。

ミロのビーナスは洞窟で発見されたんやって。しかも、

バラバラで。1820年に農民の人が見つけたんだってさ。

バラバラで見つかって、どんだけ探しても手だけは見つからん

かったらしいでぇ。いろんな人がいろんなこと言うとるけど、

中にはりんごを持っとらっせた、っていう話もあるらしいんだわぁ。

まあ聞いとったら、だんだん興味が湧いてきて来るがね、ねえ!?

 

おまけと言ったらなんだけど、そのままオルセー美術館展にも

 

行ったんだわぁ。ゴッホ見に。

 

 

 

 

 

 

これは目ん玉、飛び出てくるんちゃうかっちゅうくらい

びっくらこいたて、あんたぁ~

これも同じでぇ、写真とはもう、全然違うんだわぁぁ

油の絵の具で描いた、なんていうの、あれ…タッチっていうのぉ

本物だから、近く寄ると、よう見えるんだわ。

ほら、本物だから、油絵の表面でデコボコしとるがね、

そのデコボコがね…光があたると細かい陰影ができて、

ものすごい奥行きが出る~んだわぁ。

 

絵のことは何にも知らんし、興味もあんまなかったけど、

いっぱつでゴッホのファンになってまったでいかんわ。

帰りにショップで、向こうの思惑通りに、ええように

買わされてまったて。まあ、気が付いたら袋いっぱいに

なっとったがね。

 

ルノワールもよかったし、ミレーもモネもよかったわ。

なんだか、普段使わん脳みそ使った感じがしてええねぇ。

 

絵なんか見んでも、別にどーってことないし、わしには

関係ない、死ねーせん、死ねーせんと思っとったけど、

たまにええかもねぇ。

 

仕事やトレードもそりゃ大事やけど、たまには

違う脳みそも使っとかんと、人が偏ってまうかもしれんしね。

そんために、芸術っちゅもんは昔からあるんかもしれんねぇ~。

 

あっ…!

 

そういえば…

 

わし、昔、バレエダンサーやったわ。

 

芸術家だったがね。

 

 

 

忘れとったわ(^^;

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    たかはし (土曜日, 20 2月 2016 07:42)

    そして心優しい校長先生は講師さん、スタッフさんにでらええお土産をあげたんだら?

  • #2

    赤塚栄次 (土曜日, 20 2月 2016 09:03)

    名古屋と想えば錦通り(どえりゃあ、賑やかな処)現役時代出張した時、夜お得様をよく呑み会に接待しました。藤井先生はゴッホのファンですか、好尚な方ですね。
    川崎市の赤塚より。

  • #3

    c.h (土曜日, 20 2月 2016 09:36)

    私も昔、一度だけフランスに行ったことがあります。
    芸術の街、平和な観光地、そして情熱深き恋人の街だな〜〜!
    という印象でした。
    今は、フランス事情もだいぶ変わりましたね。

    先回は、スイスからのメッセージ

    良いですね〜〜〜〜!

  • #4

    masa (土曜日, 20 2月 2016 11:23)

    藤井さん たしか石川出身では? 
    名古屋弁 完ぺきです。 すごいっす。
    私は一宮で名古屋に近いんで、言葉が似ていて ほっとします。(笑)

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。