2016年

2月

14日

バレンタインデーなんかより…

 

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、


今日はバレンタインデー。

 

何かバレンタインにちなんだことを書こうと
思ったが、何もない…

 

ずっと記憶を辿ってみたけど、何もない…
中古LP屋で目当てのアルバムを探すように
頑張ってみたがわやっぱりない

 

これまでのバレンタインでは、その頃付きあってた
彼女くらいはいて、その時は何かしらの感動
くらいはしたはずだけど何も思い出せない

 

小中学校と田舎でバレンタインなんて風習は
なかったようだし、高校はほぼ男子校だった
から、ないわなぁ~

 

中学の時、母親から誰もチョコくれなかった
だろうと、買ってきてもらったのは不思議と
覚えてる。とりわけて、感動も喜びもせず
いつものオヤツを食べるように普通に食べた。

 

バレンタインなんちゅうのは世間がイベントとか
アニバーサリーにさせたがるけど、別に
なくても私の人生には大した影響はなかった
みたいだ。

 

さて、今回私は、メルマガのためにこれまでの
人生でのバレンタインの思い出を一生懸命に
振り返った。この私のバレンタインに関しては
何も得るものはなかったけど、トレードの
振り返りはすごく効果があると思う。

 

いつ振り返るかはその人の自由でいいが
振り返りや検証は絶対にやるべきだ。

 

1日でもいいし、1カ月、3か月、半年、
ざっと1年でもいいと思う。
とにかく振り返り、検証することは超大事だ。

 

特に、上手く行かなかったなら絶対、絶対、
絶対にやるべきだ。
振りかえって、原因を見つけて、新しい
対応策を考えるべきだ。

 

スキルやテキスト、テクニカル分析指標は
それだけでは結果をもたらしてはくれない。
基にして、検証、対策することで結果に繋がる。
料理の材料と同じだ。
生の野菜や肉はそのまま食べれないけど
調理することで、美味しい料理になる。
トレードも学んだスキルに検証を加えることで
利益、結果につながる。

 

元ジャイアンツエースだったの桑田は、
高校時代に一度だけ負けた。負けた後の彼の
とった行動がすごかった。負けた対戦相手の高校の
練習に参加したのだ。自分が負けた相手の同年代の
球児といっしょに練習しながら、なぜ自分は彼らに
負けたのか、検証したそうだ。

 

まあ桑田の話はちょいと行き過ぎてるけど、
検証することはやっぱり大事だ。
たまには手を止めて、振り返ることに時間をかけるのも
価値のある作業だよね。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    赤塚栄次 (日曜日, 14 2月 2016 09:22)

    バレンタインデーを分析すると、昔日本にはなかった風習でしたが、30年前ぐらい前から定着したように思います。私は、すでにその頃は嫁さん貰ってましたので、若い女子社員から決まったように、義理チョコ頂きました。まあ、考えてみればグローバル商法に、皆んなはまってますね。
    人間の心理をうまく利用した商法、相場も心理戦、相手の裏を読む戦い、結果の検証は価値ある作業同感です。
    赤塚栄次

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。