2016年

2月

12日

刑事のような目…

 

From:藤井百七郎

成田空港のロビーにて、、、

 

ヨーロッパに行ってきた。

この寒いのに、スイスからパリを旅行しましてん。

日本も寒いけど、スイスはシャレにならないくらい寒い…

何が悲しくて寒い日本からさらに寒いとこ行ったかというと、

結婚して6年になるけどいまだに新婚旅行にいってなかった。

ぼく的にはあたたかいリゾート地がよかったけど、

ずっと連れて行かなかったということで、選択権が

嫁になってしまったのだ。

 

それで、嫁はやたらと芸術好きなので、2月初旬に

スイスと決まった(涙)

なんで2月にスイスかというと、バレエのコンクールが開かれてる。

その道の人はみんな知ってるが、「ローザンヌ世界コンクール」が

ちょうどこの時期開かれている。世界にコンクールは山のように

開かれているが、一番歴史もあり、評価の高いコンクールだ。

日本からは私を引退に追いやった(?)熊川哲也や吉田都なんかも

この登竜門をくぐって有名になった。

 

それにしても、スイスは遠い…

 

成田から直行便で12時間もかかる(汗)

 

本を読んでも、読んでも…

 

ビールを飲んでも、飲んでも…

 

寝ても、寝ても…

 

まだ着かない。

 

やっと着いたかと思うと、今度は入国審査だ。

ただせさえ、長時間のフライトで疲れ切っているのに

また並ばされる。このところ、パリでテロもあったせいか

やたらと厳重な気がする。入国審査官も目も怖い…

ポケットを見せろとか、カバンを開けろとか、しつこい。

 

長年やってるんだから、人を見た目で判断できないものかと

思ってしまうわ。

 

太陽にほえろの刑事(でか)なら、きっとこう言うだろう…

 

「そんなもの、そいつの目を見りゃわかる!」

 

きっと島さんやゴリさんが審査官なら、もっとスムーズに

入国できただろうな。

 

さて、目を見りゃわかる。

 

ちらりと見てわかるといえば、一目均衡表だわね。

 

銘柄選択のときには絶対に見る。もちろんちらりとだけどね。

去年の暮くらいから、どうも株価と一目の関係で気づくところは

 

転換線にやたらと反応しているような気がする。

転換線はその名の通り、株価を転換させるという意味で

名前がついたらしいが、このところ富にそんな気がする。

 

相場はたえず変化しているので、その時々ではまる指標や

傾向が違うが、このところはすごく意識して正解だ。

仕込みのタイミングや、目標株価に使える。

移動平均線抜けで買うときも、転換線がお尻をつついてくれると

勢いよく抜けていくケースが目立つな~。

反対に株価が動いていったほうに、転換線が立ち向かってくるようなら

転換線にさわるくらいで利益確定もピタリと決まる。

 

用心深く見てみてちょうだい(^^♪

 

 

 

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。