2016年

2月

15日

実は危険、ゴールド免許

 

From:藤井百七郎

中部国際空港のロビーより、、、

 

生まれて初めてゴールド免許がとれた!

免許を取得して32年。これまで何度かチャンスはあったんだけど

寸前のところで、なんかやってしまう…

大体、たいしたことない軽い違反なんだな…

駐禁とか、右折禁止とか…

おかげさまで昔、ト〇タ自動車に勤めていたころ、大型免許で

11トントラックを夜勤で一晩じゅう運転させられていたので

安全運転には自信がある。だから、事故はおこしたことはない。

減点はすべて、事故以外のものだ。

25年ほど前、駐車場を借りずに車を路上に停めておいたら

かなり駐禁やられて、中期免停までいったことがあった(^^;

今から思えば管轄の警察署にはずいぶんとご迷惑をおかけしたものだ。

 

試験場にいって中期免停講習を受けることになったんだけど、

内容がほとんど、「スピードの恐怖」がテーマだった…

あんまり自分には関係がないように思えたなぁ~

「駐禁の危険」なんて内容だったらもう少し真剣に見たかも。

 

以前にもあと3か月でゴールドってときがあったんだけど、

ボーッと運転していて、右折禁止でアウト!

必死に謝ったけど、ダメだった。あともう少しだけだっただけに

ほんとうにくやしかったなぁ~~~(涙)

 

あれから何年たったか忘れたけど、今回こそはを相当注意したぜ。

そりゃあ、一生に一度くらいはゴールド免許、欲しいっすよ。

 

するとやっぱり試練はやってくるもので、ゴールド免許まで

あと1カ月のときに名古屋駅に嫁を迎えに行って停まっていたら

やってきました、赤の回転燈…

 

白いヘルメットが2人降りてきて…

 

コンコン…

 

警察「ここ、駐車禁止なんでね」

 

私「すいません、すぐどけます」

 

警察「今、僕たちを見て逃げようとしましたね?」

 

私「いえいえ、駐車禁止だからよけようとしただけです。」

 

警察「この辺、危険物をもった人が多いので、ちょっと車内を

 見せてもらっていいですかね?」

 

私「・・・(なんじゃそりゃ)」

 

 

当然、危険物なんか持ってないし、交通違反にもならなかったから

事なきを得たけど、頭皮からいやな汗をかくことになった…

 

今回の件は別だけど、あともう少しだと思って大事にいこうとすると

慎重になりすぎて、失敗することもある。

 

トレードの手仕舞いなんかもそうだ。

 

利益確定ポイントが手前過ぎて、あとから後悔するなんてのは

だいたい慎重になりすぎのパターンだ。

そもそも利益確定はチャートの節目あたりに設定している。

節目は抜ければ抜けたほうにいくわけだから、そこで株価が

どうなるのかの見極めが大事になってくる。

利益を確保したい気持ちと、もっととれる可能性を計りに

かける必要がある。これもトレードマインドかな…

大事に行き過ぎて、せっかくもっととれる利益を逃がして

しまわないように、どっしりと構えることも必要なのだ。

 

好みの異性が目の前にいると緊張してしまうタイプの人は

特にご注意ください(^^;

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    赤塚栄次 (月曜日, 15 2月 2016 11:46)

    ゴールド免許、素晴らしいですね。
    ペーパードライバーは別にして、なかなか取れないよね。
    私は、45年間運転免許持ってけど(普通・中型・大二輪)自慢じゃないけど、一度も無し。
    いつも見えないところで、隠れてる警察官に検挙されてしまう。
    相場も相対取引、見えない相手の先の事を読まないと失敗しますね。
    赤塚栄次

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。