2015年

5月

23日

株を持っていると…

株の学校カブックスの二階堂直樹です。

株式投資を始めると、自分の持っている株の

値動きばかり気になってしまうものです。

 

しかし、自分の保有している株式の

値動きだけでなく、市場全体を見渡す

ことも重要なことです。

これは、木だけを見るのではなく、

森も見なければいけないということです。

 

日本の市場全体を見渡す指標と

しまして、TOPIXと日経平均株価が

代表的なものとして挙げられます。

 

まず、TOPIXについてですが、

これは「東証株価指数」とも言います。

TOPIXは東証一部に上場している全ての

銘柄の時価総額を合計した数字です。

ただし、時価総額をそのまま示すのではなく、

基準日となっている196814日を

100ポイント」として、それに対する割合で示されます。

現在のTOPIX1647.85なので東証一部の

資産価値は47年間で約16倍になっている

ということがわかります。

 

次に日経平均ですが、これは東証一部に上場している

1800銘柄のうち、225銘柄の平均株価を表したものです。

最高値の38,915円を付けたのは、バブル経済絶頂期の

19891229日、その後どんどん値を下げていき、

2003428日にはバブル崩壊後の最安値となる

7,603円を記録しています。

 

影響の受け方に強弱はあるものの、ほとんどの銘柄の

株価はTOPIXや日経平均株価の変動に左右されてしまいます。

ゆえに、市場全体の動きを確認することは大切なことになります。


カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。