2015年

2月

06日

損失から学んだこと

株の学校カブックスの二階堂直樹です。

 

今日は私が株式投資での損失から

学んだことをお伝えしたいと思います。

 

まず、株式投資の上手な人というと、

どのようなイメージが思い浮かびますか?

 

・一回の取引ごとに利益があげられる

・失敗の回数がほとんどない

 

私が株式投資を始めた当初、株式投資を

極めるとはそういうことだ!と思っていました。

 

しかし、株式投資の経験を積むことで、

この考え方は間違えであったということに

気がつきました。

 

いくら株式投資の上手な人でも毎回必ず

利益をあげられるなんてことはあり得ません。

 

また、株式投資の売買が上手になると、

失敗の回数が減るということもありません。

 

売買を続ける限り、自分の買った株が

予想に反して下がるなんてことは

日常茶飯事です。

 

株価が下がったところで、ロスカットを

しなければ、損失はどんどん膨れ上がり、

何十万円、何百万円というお金が

簡単に消えてなくなります。

 

この大ダメージを避けるため、

ロスカットをして自分の身を守るのです。

 

勝ち組の投資家は大きな損失になる前に

必ずロスカットします。

 

ゆえに株式投資とは、常にロスカットが

隣り合わせにあると考えた方が良いです。

損失を出しても、当然利益も取ります。

結論、株式投資は一連の売買で

結果的に利益を取ればいいのです。

 

また、株式投資のルールで有利な点は

途中参加や途中での退場が自由なところです。

 

麻雀でも、上手な人の勝ち方は安い点でも

早く決めることであると言われています。

株式投資もこの点に限り同じであると言えます。

 

とにかく大きな損失にならぬよう、

売買を始める前に事前に戦略を練り、

結果的に一連の売買で利益を取っていく方法…

 

それがカブックス流売買法です!!

 

最近、流行のトマ・ピケティさんの主張にも

「資本を持つ者はさらに資本を蓄積していく傾向がある」

とあります。

 

今後の将来を見据えると、やはり、投資のスキルは

絶対に必要だと再認識させられました。

 

どうせなら、徹底的に勉強してしまいましょう!!

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。