2014年

5月

01日

相場の神様 本間宗久の生涯Ⅱ

 

カブックス名古屋校講師の河端です。 

 

本日も、シリーズもの

 

ですので、本間宗久の生涯

 

を続けさせてもらいます。

 

 

山形県の庄内地方は日本海

 

に面している。

 

その海岸沿いには

 

「曲がった松」が植えられている。

 

植えられているのはまぎれもない

 

松であるが 大きな松が何千本も

 

連なり全てが曲がっている。

 

酒田は風が強く

 

砂丘の被害で長年苦しんでいた。

 

その防風のために 

 

松が何千本も植えられて

 

いるのである。

 

しかしあまりの風の強さに 

 

松は曲がりながら 育っていく・・。 

 

海からくる風を 一番に受け

 

止めているからである・・・・・。

 

 

さて

 

 

江戸の修行から帰った

 

宗久は、父の原光に

 

相場に手をだすことを、

 

進めるが

 

「商売の常道ではない」

 

とはねのけられてしまう。 

 

店自体は久作(宗久)は

 

長男の光寿を助け、店を繁盛させる。

 

光寿は久作の優秀さを

 

知っていたため、

 

自分の長男・光丘(19)を

 

将来の跡取りとするため、

 

愛媛へと奉公へだす!

 

その間光丘が一人前になるまで、

 

久作に店の切り盛りを任せる

 

つもりだったようだ! 

 

それ以後、店を任せられた久作は

 

 

これまで勉強してきた、相場学を

 

発揮し、短期間の間に

 

 かなりの富を築く!

 

現在で言う数十億円。

 

店も繁盛し順風満帆かと

 

思われたが、4年後 

 

光丘が奉公から帰ってきて、

 

「店の正当な跡継ぎは俺だ!」

 

ということで久作を

 

おいだしてしまう・・・。

 

 二人のトップがいては 

 

店の従業員もやりにくいだろうと・・

 

久作は店をやめることを

 

決意する。 久作はふたたび 

 

江戸へ向かうこととなる

 

 

再び、江戸へ訪れた 久作は 

 

相場の世界へと舞い戻る。 

 

もちろん 酒田で連勝だったため

 

、かなりの自信を引っ提げて、

 

ある意味 凱旋気分だった

 

のかもしれない・・・。

 

 

しかし  

 

世の中そんなに甘くはない・・。 

 

これから久作は相場の恐ろしさに 

 

飲み込まれることとなる・・・。 

 

 ------------------

 

久作は酒田を出て 江戸に 

 

再びやってきた また米相場をはじめる。

 

 

しかし 酒田では 連戦連勝だった

 

久作も 江戸では 

 

まったくうまくいかない・・・ 

 

うまくいかないのに やり続け 

 

また失敗 取り返そうと思い 

 

焦り が生じ  また連敗! 

 

悪循環のそのまた悪循環である・・。

 

 

とうとう 

 

全財産をうしなってしまった・・・!!

 

『なぜなんだ・・』 

 

とばかり考えていた。

 

そして途方に暮れ 

 

行くところもない久作は・・

 

 とぼとぼ 酒田へ帰るのである・・・

 

 

しかし 店から出された甥光丘に 

 

合わせる顔もなく・・ 情けない

 

酒田での甥の評判を聞くが 

 

久作自身が驚くような 

 

いい噂 であった

 

久作が作った

 

財をすべて町のために寄付し 

 

海岸に風よけの 松を植えて

 

慈善事業などもおこなっていた。

 

今ある 松は 本間家が

 

植えたのがはじまりである。

 

 

久作は 行くあてもなく

 

とうとう 寺に泊まらせてくれと

 

 お寺を訪れた・・・。

 

お腹も減った・・元気もない・・

 

当然お金もない・・

 

 

 

そして 日本相場史上 

 

もっとも有名な 場面が 

 

ここである。

 

・・・

 

住職は 悩める 久作に

 

中国の昔話をたとえに挙げる

 

 

Ж 城に立てられた旗が揺れる

 

のをみて 兵たちが 

 

「あれは風のために動くのだ・・!」

 

「いや旗そのものが動いているのだ」

 

などと言い争った!

 

 それを見た儒者が 

 

「風でも旗でもない 人の心が動くのだ」と言った

 

 

その話を聞いた 久作は 

 

お堂で 一週間 座禅を組んで考える・・・!

 

はい全然わからない・・・

 

足が疲れた・・・ 

 

もう限界だ・・・

 

その時 お堂の中に

 

風が入る・・・仏壇のお飾りが動いた・・・

 

  「アッ動いた!」  

 

そうか・・・

 

動いたのは私の心 旗の動きは現象 

 

即ち 相場の上下 風は上下を起こす諸事情

 

 それを見て動く 人の心がある!!

 

開眼!!

 

酒田では通用したことが 

 

江戸では 通用しなかった  

 

当然である 規模が違いすぎる!

 

人の心の動く大きさも違うのである!

 

 決定的に違うのは 人の心理だ! 

 

欲望が相場を動かすのである!!

 

 

久作は 再び大阪へ向かう・・・  続く

 

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。