2013年

2月

22日

株価チャートの見方!?

株の学校カブックスの藤井です。


それにしても方向のはっきりしない日経平均です。

優柔不断…

日経平均の血液はO型でしょうか^ ^;

さて、株を買うかどうか決めるときには株価チャートを見ます。

しかし、ただ漠然と株価チャートをながめていても何も見えてきません。

株価チャートの見方というものがあります。

私は株価チャートから何を見ているかというと…


1・投資家の心理

2・買いと売りの力関係


この2点に絞ってみています。


1・投資家の心理
 
すでにこの銘柄を持っている人の心理を考えます。
今の日経平均のチャートからわかることは、今、日本の株を
持っている人の多くが、とてもたくさんの含み益があることがわかります。
含み益がたくさんあるので、余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)なのです。
多少下がったくらいでは、慌てて売ってきません。
ですから、とても高値圏なのだけて、なかなか暴落しませんね。

2・買いと売りの力関係

ですから、いまの日本の相場は買いの力のほうが強いのです。

どういうことかというと、「下がると買いが入りやすい」ということです。
いつ暴落してもおかしくない状況なのに、下がると安いとなり買いが入ります。
ところが、どこかでこの買いと売りの力関係が逆転するところが来ます。

今は余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)の投資家たちの含み益が底をつき
プラスマイナス0になり、“あるところ”を下に割ってくると
含み損が発生するところがあります。
つまり、買いと売りの力関係が逆転するところです。


★株価チャートを見るときは、その“あるところ”にフォーカスをおいて見ています。


その“あるところ”がわかれば、未来予想図を描き、戦略を建て
今、何を準備すればいいのかわかり、


★他の人より抜きんでて、利益をとることができるのです。 


こういったことをお勉強されたい方は
是非、『株の学校カブックス』体験セミナーにいらしてください。


☆体験セミナー日程・詳細
  ↓↓
 http://www.openingbell.net/taiken/

 

基本的に、株の経験者を対象にしていますが
株の初心者の方、これから始める方でも
真剣であれば、大丈夫です。


相場の動きに関係なく、利益をあげる方法をお教えします^ ^

カブックス体験セミナー
カブックス推薦の声
Q%A
藤井百七郎のブログ
高橋陽子のブログ
河端啓吾のブログ
二階堂直樹のブログ
生徒ログイン
登録銘柄エクセルシート
ご紹介キャンペーン
初級申込み
デイトレーダ様ご用達パソコン
 

 

ドメイン設定(受信拒否設定)をされている方へのお願い

モバイルやパソコンにドメイン設定(受信拒否設定)をされているお客様の場合、

弊社からお送りするご案内メールをお届けする事ができません。

ドメイン設定を解除して頂くか、又は弊社ドメイン『openingbell.net』を

受信リストに加えていただきますよう、お願い申し上げます。

また、メールが届かない場合は迷惑メールフォルダもご確認くださいませ。